後遺症を残さないために

事前に調べておけば良かった・・・と、レーシックの後遺症に悩む方は非常に多いです。
あの有名人がレーシックに成功したと言っていたからなんていうのは、自分が手術を受ける理由には本当はならないんですが、やはり重度の近視の方にとっては死活問題でもありますので、藁をも掴む思いでレーシックに望む方も多いです。

では、ここでレーシックの後遺症に悩む人の声を聞いてみましょう。


■術後、視界全てが2重に見える
時間が経てば治ると思いきや、過矯正のために治ることはありませんでした。
結局、普段の生活は乱視用のメガネをかけているそうです。

■目の痛みが続き、眩しい光が見えない
レーシック後は眼の奥が痛み、夜になると急に視力が落ちてしまうとのこと。

■ドライアイに悩む
一時的な乾燥ではなく、慢性的なドライアイで目薬が手放せない生活に


以上はほんの一例です。

もちろん、成功確率の方が高いので、事前に良く調べて、くれぐれも失敗の多い眼科でレーシックを受けるという事のないようにしましょう。

また、3D視力回復法などのトレーニングもあるので、その後に手術を検討しても遅くはないのではないでしょうか?



高画質かつ高速DRM解除で動画の永久保存をしつつradikoの予約録音も抜かりなく遂行して、今日もインターネットラジオを通勤中に効くことができました。
更に最近はTSUTAYAのDVDをコピーしたり、ブラウザゲームでチョコットランド最新チートを極めたり、挙句の果てには口コミで話題の美顔器も購入し、顔のサイズが自分のこぶし大になって焦ったところで目が覚めました。